スマホを持った男性

レンタル携帯でお得に通話をしよう〜トクトク電話活用術〜

電話の加入

電話

電話加入権ってどうなったの

昭和世代の人は電話加入権と言えば分るでしょうが、平成生まれの人にはなじみの無い言葉かも知れませんね。昔は電話加入権というものがあり、電話線を引くためには、数十万のお金を出して加入権を購入する必要がありました。この電話回線の加入権は第3者への売却が可能なものでした。しかし、現在ではこの概念が無くなり、一般的に申込みをすれば、数千円の工事費を払い電話回線が引けることになります。しかし、都内ではwifi環境がすさまじく整備されてきているため、電話回線を引かない若者が増えています。電話回線を引くメリットとしては、停電になっても電話が出来るという点です。wifiの場合、経験がある人も多いと思いますが、いざという時には繋がらなかったりするため、通信手段をwifiだけに頼るのではなく、電話回線をきちんと引くようにしましょう。

電話回線はどこまでつながっているか

国際電話などを行う場合、衛星を介して様々な情報をやり取りしていると思っている人も多いでしょう。もちろん、衛星経由で情報をやり取りしているものもありますが、基本的にはテレビ局や大手の企業が衛星を使用していますが、一般企業や個人では、海底に敷かれた光ファイバーを経由しているのがほとんどです。そうです、アメリカと日本も、そしてアメリカとヨーロッパも電話回線は海に潜り光の速度で情報をやり取りしてます。ですから、電話回線は地球を何週も出来るくらいの長さがあり、世界中の電話線を一本の線にした場合、その総距離は80万キロと言われたりします。80万キロと言われてもピンと来ないと思いますが、地球1周が4万キロのため、地球を20周するのと同じながさになります。地球から月までの距離が40万キロのため、月まで行って返ってくるのと同じ距離ですね。